人気の洗顔石鹸を実際に使用してみた感想をと一緒に紹介しています。

敏感肌・乾燥肌・オイリー肌を改善してくれる、お肌に優しいスキンケア商品がたくさん!

何を使ってもお肌がキレイにならない…?スキンケアの基本は健康管理です。

肌は、精神的ストレスをそのまま受けてしまうと言っても過言ではないほど正直です。

悩みがあったり、仕事上のストレス・人間関係、はたまたダイエットのストレスも肌に影響を与えます。 それには、物理的理由も関わってきます。 ストレス過多の場合、食生活が乱れていることがほとんどです。 バランスよく食事をするということに神経が配れないからです。

また、ストレスが多い場合、自律神経に乱れをきたしている場合が多いです。

その場合、胃腸系統の機能が低下している場合が多いです。 つまり、栄養を小腸が吸収できないのです。 短期間のストレスであれば、睡眠等で解決できるのですが、それが長期に渡った場合には ストレスから肌の調子が悪くなったことは記憶からなくなり、肌が調子が悪いということに新たなストレスを感じてしまうのです。 女性は、みな鏡を見ます。 そして、鏡に映った自分を見て、欠点を嘆きます。 シミ・しわ・たるみ・ニキビ・吹き出物・たるみ毛穴、言い出せばキリがないです。 オイリー肌・乾燥肌・敏感肌という肌タイプすらも悩みの原因になります。

それらの悩みを解決すべく、化粧品を求めるのですが、根本的なストレスが解消しないまま化粧品をあれこれ変えても、結果はよくなるはずがありません。

その結果の悪さを嘆き、またまた新たなストレスを抱え、新しい化粧品を探します。「この肌が改善しないのは、化粧品が悪いからだ」 この考えから逃れられないのです。

・安いから効かないのであって、高価なものは違うかもしれない
・美容成分が少ないからダメなのであって、豊富に肌に与えればよくなるに違いない
・人気の商品じゃないから効果が見えないのだ、ランキング1位のものなら改善されるに違いない
…など、発想は「化粧品のチェンジ」だけです。

女性がスキンケアをするときに、立ったままするのと、座ってするのでは肌の水分量に違いが出てきます。 肌の状態も違ってきます。 なぜだと思いますか? それは、立ったままだと落ち着かず、無意識に「丁寧にすること」を放棄しているのです。 時間をかけることもなく、ただそのとき使用している化粧品を順番に「塗っている」だけなのです。 座ってゆったりとした気分で行うスキンケアは、なによりも美容液に匹敵します。

例えば、最高のスキンケア方法についてお話します。

椅子などに腰掛け、リラックス状態を楽しんでください。

「気持ちいいな」という言葉を口にすることで、脳はそれを認知して「リラックスした脳波」を生み出します。 たったこれだけのことでも、毎日朝晩繰り返すと、ほうれい線に明らかに変化が出てきます。 洗顔後、少量の化粧水(少量であることが大事です)を手のひらにとって、両手で少し温度を化粧水に伝えます。 その状態で、お顔を覆い尽くすように包み込みます。 お顔にも手のひらの熱を伝えてください。このときに化粧水が手首に垂れてくるようでは量が多すぎです。 そのまま十秒ほど目をつぶっていてください。

この化粧水塗布を数回繰り返します。化粧水は、少量を何度かつけることで肌への浸透は明らかに変わってきます。 そして、この方法に少し慣れてきたら、指の腹を使って、顔のリンパが流れるように圧をかけます。 指を横に動かすことはやめてください。しわの原因になります。 指の腹だけを使って、3秒圧をかけて、2秒ゆるめます。 おでこ・こめかみ・小鼻の少し下のくぼんだところ・耳の下・あごに添ったスジなど、リンパが流れているところは無数にあります。 この圧点法によって、滞っていたリンパが流れ、血行がよくなりくすみが解消されます。

この方法に高価な化粧水は必要ありません。

自分が気に入ったものを「丁寧に使う」ことを実行すれば、自然に肌は美しくなってきます。 肌の状態が悪いことを化粧品のせいにして「キレイにならない」と嘆くのはもう終わりにしましょう。 自分の精神状態を知り、自分を優しく扱ってあげてください。 「キレイになろう」と思うスキンケアは、必ず結果が出ます。

実践!洗顔石鹸の紹介

洗顔の基本特集

肌質やメイクの濃さによって適切に行う
洗顔はスキンケアの基本。きちんと出来る?
どんな化粧品を使ってもダメな人へ!

実践!基礎化粧品の紹介