人気の洗顔石鹸を実際に使用してみた感想をと一緒に紹介しています。

敏感肌・乾燥肌・オイリー肌を改善してくれる、お肌に優しいスキンケア商品がたくさん!

正しい洗顔方法を知りましょう!洗顔には順番がある

どれだけ高価な洗顔料を使っても…

どれだけ高濃度の美容成分配合の洗顔料を使用していても、 その方法が間違っていたら、効果が出ないどころか、負担が大きすぎて肌の状態はかえって悪くなります。 では、正しく洗顔を行っている人はどの程度いるでしょうか。 意外に少ないのが実情です。 では、本当に正しい洗顔の方法について考えていきましょう。 ここでは、フルメイクしていたと仮定して話を進めますので、軽いメークの場合、メークしていない場合には、 その部分は省略してください。

まずは、アイメークを落としていきます。

アイメーク専用のリムーバを使ってください。コットン等に適量を落とし、目の周りをそっとなでるようにコットンを移動させてください。 このときに、間違っても、擦ることはやめてください。 お顔の肌は、体の肌の1/10くらいの薄さで、その中でも目の周りの皮膚は最も薄い場所です。 その部分をコットンでこすると、肌荒れを招いたり、しわの原因になったり、顔表面に近い場所にある毛細血管が切れてしまい、 赤い小さなスジができてしまったりします。 汚れは拭くのではなく、浮かせるものだと認識してください。 マスカラはコットンをふたつに折って睫毛をはさんでしばらくおいてから、そっと睫毛の先まで滑らせます。 このときに力を入れてしまうと、睫毛は抜けてしまい、これを繰り返すと将来的に睫毛が生えなくなってしまいます。 ここまでが、アイメーク除去です。

次にクレンジング剤を使います。

眉・唇にメークが残っている場合には、その部分から優しく除去していきましょう。 そして、顔全体のクレンジングに移っていくのですが、そこでひとつ「効率よくクレンジングする秘密」があります。 顔全体に塗布する前に、手のひらにとったクレンジング剤を両方の手のひらを使ってあたためてください。 手の熱によって、クレンジング剤がまろやかになり、それを顔に使用するとあたたかみで、化粧汚れが円滑になります。 その場合の順番としては、皮脂の多いところからと覚えておきましょう。 Tゾーンを最初に考えるといいですね。この場合にも決して擦らないでください。 少し多いかなと思う程度のクレンジング剤を使用すると肌には負担が少なくなっていいです。

お湯だと感じないくらいの「ぬるま湯」を少量手につけたまま、クレンジング剤がついたお顔の上を優しく滑らせます。 この段階では、鏡を見てチェックしていてください。顔が白く濁ってきます。このときが「乳化」して汚れが浮き上がったときです。 これを確認して、やはりぬるま湯で洗い流します。ここでもお顔を強くこするのは禁止です。 お湯を顔に当てる感覚ですすぎます。

軽いメーク時、肌が弱っているとき、敏感肌の人、乾燥が目立つ人などは…

このすすぎを少し丁寧にして、洗顔をここで終了にします。

このあとの洗顔料による洗顔が必要ない場合、負担が大きすぎる場合です。 この判断は、自分で行ってください。 次に洗顔料による洗顔です。 手のひらを少し濡らした状態で泡立ちネットを使って、濃厚な泡作りをします。このときに手のひらがクレンジング剤の油分がついていたら、 先に洗っておいてください。せっかくの洗顔料の泡立ちが悪くなります。 しっかりとした泡ができたら、それを使って泡洗顔をはじめます。 肌にトラブルがない場合には泡を顔にのせてしばらく時間をおく「泡パック」を行ってください。 泡を乗せる順番は、クレンジング剤を塗布する順番と同じです。 Tゾーンを最初にしましょう。

泡に指は当たっているけど、肌には触れていないと自分で意識するようにして、 泡を転がすように汚れをまきとっていきます

充分に汚れが取れたら、すすぎに入ります。 このときもぬるま湯を使用してください。季節的に冬場などは、ぬるま湯が冷たく感じてかなり高温のお湯ですすぎを行う人がいるのですが、 あれでは、必要な皮脂まで流れてしまいますので、気をつけてください。 充分に泡が流れ落ちたことを確認したら、仕上げのすすぎになります。 今毛穴は目一杯開いた状態です。 洗顔の最後に「毛穴を閉じる準備」に入ります。 ぬるま湯で3回ほどすすいだら、冷たい水で3回すすぎます。 これを肌の状態に応じて、最高3回まで行ってください。

これによって、毛穴がキュっとしまる用意ができあがりました。 これが正しい洗顔です。 今日の自分はどの段階からのスタートなのか、どの段階で終わりにしようかなどは 自分の肌をよく観察して決めてください。 いつもと同じ まったく同じ方法の洗顔では、「美しい肌」はできあがっていきません。

実践!洗顔石鹸の紹介

洗顔の基本特集

肌質やメイクの濃さによって適切に行う
洗顔はスキンケアの基本。きちんと出来る?
どんな化粧品を使ってもダメな人へ!

実践!基礎化粧品の紹介